デリケートゾーンの黒ずみの原因って何?

デリケートゾーン 黒ずみ

【デリケートゾーンの黒ずみ】って意外と気になりますよね?

 

ふとした時に気が付いて、「あれ?こんなに黒かったっけ・・・」と不安になったりします。

 

「見えない所だから…」とケアを怠りやすい場所ではありますが、男性は意外と気にしているというデータも。

 

デリケートゾーンの黒ずみは下着の摩擦が原因のことも多く、遊んでいるから黒いというわけではありません。でも男性には遊んでいるという印象を持たれているようです。

 

何とかしようと思って対策した結果、間違った黒ずみ対策により、デリケートゾーンの黒ずみを助長させてしまっているという人もいます。

 

黒ずみケアの正しい方法を知って、自信を取り戻しましょう!

 

 

■目次

 

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因はメラニン

メラニン

黒ずみを改善したい場合はメラニン対策していかないと、黒ずみが進んでしまいます。

 

ではどういった状況でメラニンが増えていくのでしょうか?

 

まずは【メラニンが増えていくメカニズム】を知る必要があります。

 

小さめの下着などによる摩擦

下着

デリケートゾーンの黒ずみの原因である【メラニン】は、肌の摩擦によっても増加します。

 

■メラニン色素が出来る流れ
⇒小さい下着などで肌が摩擦を受ける

 

⇒下着などの摩擦から肌を守ろうとする作用が働く

 

⇒肌を守る作用としてメラニン色素が分泌されて【デリケートゾーンの黒ずみ】に繋がる

 

お肌に強い摩擦を受けると、その刺激からお肌を守るためにメラニン色素が分泌されます。

 

特にデリケートゾーンは肌が柔らかく弱い部分なので、【刺激から肌を守る】という作用が強くなります。だから小さめの下着をずっとつけているとデリケートゾーンの黒ずみが進んでしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

メラニン色素が分泌されてしまうもう一つの原因として、【ホルモンバランスの乱れ】も指摘されています。

 

女性には2つの女性ホルモンがあります。

 

■エストロゲン
■プロエストロゲン

 

美容に関して調べている方でしたら、この2つのホルモンに関して知っている方も多いと思います^^

 

この2つの中で、デリケートゾーンの黒ずみに関係するのが【プロゲステロン】です。

 

プロゲステロンは【黄体ホルモン】と呼ばれていますが、【ブスホルモン】とも呼ばれています。

 

プロゲステロンが多く分泌される事で肌荒れをしたり、メラニン色素が作られたりするのです。

 

ホルモンバランスの乱れは主に妊娠や出産時に多く見られますが、「妊娠してから乳首が黒くなった・・・」などとよく聞くのはプロゲステロンが多く分泌されている為なんです。
※プロゲステロンは流産や早産をしないようにする為の大切なホルモンでもあります!

 

そのため、ホルモンバランスが崩れてプロゲステロンが多くなると【デリケートゾーンの黒ずみ】にも繋がってしまうのです。

 

妊娠や出産による外部刺激からの防御反応

妊婦

先ほど女性ホルモンのお話をしましたが、妊娠や出産でメラニン色素を多く分泌される原因の【プロゲステロン】が増えます。

 

その過敏な時期に小さい下着などから外部刺激を受けると、お肌を守ろうとしてメラニン色素を多く分泌されます。

 

だから通常時よりも黒くなりやすいというわけです。

 

年齢による代謝の衰え

実はデリケートゾーンの黒ずみは、年齢による代謝の衰え(ターンオーバーの低下)によっても引き起こされてしまいます。

ターンオーバー

 

■ターンオーバーとは?
ターンオーバーとは、古い角質を押し出し新しい皮膚へと生まれ変わる新陳代謝のことです。一般的には28日周期でお肌は生まれ変わるといわれています。

 

シミやしわがあっても、ターンオーバーが正常化していれば徐々に押し出されていき【垢】となって体外へ排出されますが、ターンオーバーが低下するとシミなどが体外へ押し出されずにずっと留まってしまうのです。

 

ターンオーバーは年齢を重ねるにつれて低下していくので、「年を重ねるごとに黒ずみが気になるようになった」というのは【ターンオーバーの低下】が原因だからなのです!

 

 

 

 

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法は?

肌のターンオーバーを戻してあげることが大切

デリケートゾーンの黒ずみを改善する為にはまず肌のターンオーバーを通常通りに戻してあげる事が必要です。

デリケートゾーン 黒ずみ

■デリケートゾーンが黒ずむ最大の理由は「ターンオーバーの低下」
デリケートゾーンが黒ずむ最大の理由はターンオーバーの低下です。

 

ターンオーバーはお肌をきれいに保つ大切な機能。ターンオーバーが低下してしまうといつまでもメラニン色素がお肌に留まってしまいます。

 

留まってしまったメラニン色素がお肌に定着する事で、いつまでも消えないシミや黒ずみの原因になってしまうのです。

 

しっかり保湿することが一番重要

保湿

「お肌のターンオーバーを正常化するためにはどうしたら良いの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、お肌のターンオーバーを正常化させるためには「保湿」が一番大切です。

 

お肌は乾燥する事によってターンオーバーの機能が低下してしまうので、毎日しっかり保湿ケアをしてあげる事が重要になります。

 

「デリケートゾーンに保湿ケア?」と思う方もいらっしゃると思いますが、デリケートゾーンは他の体の皮膚と違い柔らかく刺激に弱い部分。だから特に、毎日の保湿ケアが重要なのです。

 

ムダ毛処理をしたら保湿を忘れない

カミソリ

デリケートゾーンのムダ毛処理は最近では一般的になってきましたが、皆さんはVIOのムダ毛処理はしていますか?

 

VIOのムダ毛処理を行った後はしっかり保湿をしておかないと、お肌が乾燥して黒ずみの原因にもなってしまいます。また、ムダ毛処理の際にもお肌が傷つき刺激を受ける事でメラニン色素を分泌してしまうので、ムダ毛の処理をした時こそしっかり保湿を忘れずに!

 

綺麗なデリケートゾーンを保つ為にもしっかり保湿ケアを行いましょう♪

 

お風呂で洗った後もしっかり保湿を

お風呂

実はデリケートゾーンの保湿は「お風呂で洗った後」もしっかり行わなくてはならないのです。

 

ボディーソープなどでデリケートゾーンを洗った後、必要な皮脂やうるおいも一緒に流れ落ちている場合が多く、気が付かないまま放っておくとデリケートゾーンの乾燥が進み、ターンオーバーが低下し黒ずみとなる原因にもなってしまいます。

 

毎日の保湿ケアを欠かさない事でターンオーバーを正常化させ、美白VIOを手に入れる事が出来るのです^^!

 

生活習慣の改善

睡眠

デリケートゾーンの黒ずみを改善するには「ターンオーバーの正常化」が必要だと言いましたが、ターンオーバーを正常化させるためには「保湿」の他に「生活習慣の改善」も必要です。

 

デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方、以下の項目に多くあてはまる方は出来る事から改善していきましょう!

 

 

■睡眠不足気味
■暴飲暴食が多い
■喫煙・飲酒の頻度が高い
■ストレスを感じている
■しっかり食事を摂っていない

 

 

睡眠不足や暴飲暴食はお肌のターンオーバーを妨げる最大の敵です!特に睡眠不足は美肌を保つ上では欠かせない重要なポイントにもなります。睡眠が大切なのは美容に詳しい方なら誰もが知っている事ですが、シンデレラタイム(午後10時〜午前2時)に質の良い睡眠を取っておく事でお肌の機能もアップし、ターンオーバーの向上にも繋がるのです。

 

 

正しい洗い方をすることが大切

デリケートゾーン

デリケートゾーンは毎日きちんとケアする事も大切です。ニオイなどは女性として気になる所ですよね。ですが、間違った洗い方をしているとそれが刺激となってお肌に伝わり、メラニン色素が分泌されて黒ずみになってしまう事も…!

 

デリケートゾーンのケアをするなら、正しい洗い方をしっかりマスターしておく事も黒ずみを改善する一つのポイントですよ^^

 

デリケートゾーンの洗いすぎは黒ずみやニオイの原因に

皆さんはデリケートゾーンを週に何度の頻度で洗っていますか?

 

毎日ケアしている、という方もいれば月経時にケアする程度の方など、デリケートゾーンのケア方法は人によって様々です。

 

ニオイのケアをするためにしっかり洗う…という方もいらっしゃると思いますが、清潔にしておきたいからといって洗いすぎはNG!逆に黒ずみやニオイの原因となってしまうのです。

 

■洗いすぎがニオイの原因や黒ずみになる訳とは?
デリケートゾーンをボディーソープでゴシゴシ洗っていませんか?ゴシゴシ洗ってしまう事でお肌への刺激となり、そこからメラニン色素が発生して黒ずみへと変化してしまいます。

 

また、洗いすぎる事でお肌が乾燥してしまうので、ターンオーバーなどが低下し更に黒ずみの原因に…。

 

更に洗いすぎる事でニオイの原因にもなってしまいますが、それは膣の中にある乳酸菌をも洗い流してしまうからなんです。膣内には乳酸菌がいるのですが、このおかげで膣内が酸性に保たれており、雑菌の繁殖などを防いでくれているのです。

 

この乳酸菌がいなくなる事で膣の炎症や雑菌の繁殖が盛んになり、ニオイの原因にもなってしまうので、綺麗にしたいからと言って洗いすぎは禁物なのです。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

ポイント

デリケートゾーンを洗う際、膣内まで洗う必要はありません。洗う必要があるのは粘膜の外側の部分で、膣の入り口の周辺にある陰部のくぼみなどを指の腹を使って丁寧に洗っていきます。

 

膣内は乳酸菌で常に酸性に保たれているので、月経時やおりものが特に気になる時以外は洗わない方が良いでしょう。

 

陰部は脂肪性の汚れがたまりやすいので毎日のケアが必要ですが、ゴシゴシ洗うのではなく優しく汚れを取り除く感じで洗い、ボディーソープではなくお肌に優しい石鹸などを使用すると良いでしょう。

 

適度に洗っておく事で清潔状態を保つ事が出来ますので、ぜひ参考にして下さいね^^

 

日々使用するものに注意

デリケートゾーンの黒ずみを改善したい場合は、日々使用するものにも注意が必要です。

 

小さめの下着や衣服による摩擦を避ける

普段身に着けている下着によっては黒ずみの原因になる場合も!

 

特に小さめの下着をつけている方は、デリケートゾーンへの摩擦も強く皮膚への刺激となる場合もあり、黒ずみになってしまう原因にもなります。小さめの下着を身に着けている方は、体のサイズにあった下着を選ぶようにしましょう!

 

衣服の摩擦を避けるだけでも、黒ずみの改善に繋がるんですよ^^お家にいる時は思い切って下着をつけない、体を締め付けるボトムスは着用しない…などの工夫も黒ずみ改善に役立ちます。

 

正しい下着の選び方

「小さめの下着はNGなのはわかったけど、正しい下着の選び方ってあるの?」と疑問の方へ、コチラでは正しい下着の選び方についてお話しますね。

 

まず、下着を脱いだ後のお肌にゴムの跡がついている方などは、小さい下着を身に着けているサインになります。体のサイズに合った下着はお肌にゴムの跡などが付きにくいので、お肌にゴムの跡がつく方は下着のサイズを見直しましょう。

 

また、陰部に触れる部分の布地にも気を使った方が良いかと思います。ナイロン製はお肌にとって刺激となるので、綿や布を使った下着を選ぶようにしたいですね^^

 

黒ずみケアを徹底している女性の中では、陰部への摩擦を避けるために男性用のボクサーショーツを着用している方もいらっしゃるそうなので、ご自身の好みに合わせて色々と体に合った下着を探してください。

 

質の悪いナプキンやトイレットペーパーを避ける

ナプキン

月経時に使用するナプキンやトイレットペーパーは、黒ずみケアを徹底するなら質の良いものに変える事がポイントです!

 

ナプキンは陰部に直接あたるものになるので、お肌に優しいコットンタイプのものなどをチョイスすると良いかと思います。また、トイレットペーパーは柔らかめの質のよいものを使用する事によってお肌への摩擦を減らす事が出来ます。

 

ナプキン選びもトイレットペーパー選びも、基本となるのは「お肌に優しい柔らかさで摩擦を軽減する」という事を覚えておいてくださいね。

 

脱毛サロンで脱毛をすれば黒ずみは解消できるの?

脱毛サロン

最近では脱毛エステなどでデリケートゾーンのムダ毛処理を行う方も増えてきました。

 

実際の所、自分でムダ毛処理をするよりも脱毛サロンでケアした方がお肌に優しいのは事実です。脱毛サロンでは脱毛の施術の他に保湿ケアなどもしっかり行ってくれるので、通うごとに黒ずみが減ってきた!という方も大勢いらっしゃいます。

 

デリケートゾーンの黒ずみをなんとかしたい!という方は、自己流のムダ毛処理からサロン脱毛に切り替えるだけでも、黒ずみ対策としては有効です。

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームの選び方

デリケートゾーン 黒ずみ対策クリーム

デリケートゾーンの黒ずみの悩みには、【デリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリーム】を使う事をおすすめします^^

 

刺激に弱いデリケートゾーン専用で作られているものなので低刺激で安心して使う事が出来ます。また、黒ずみを改善する為の成分なども配合されているので、保湿ケアと黒ずみケアの2つのケアを同時に行う事も出来ます!

 

この黒ずみ対策クリームは、選ぶときは【成分】に注意して選ぶようにしましょう!

成分について

■配合しているとGOOD!【こんな成分が配合している黒ずみ対策クリームは買うべき!】
⇒トラネキサム酸
トラネキサム酸は美白で有名な成分でもあります。一般的な美白基礎化粧品にも含まれている成分なので、デリケートゾーンに使用しても安心です^^美白対策に使われている成分なので、トラネキサム酸が配合されているクリームは黒ずみ対策にもってこい!と言えるでしょう。

 

⇒グリチルニチン酸2K
グリチルニチン酸2Kも美白基礎化粧品にも多く配合されている成分で、お肌の炎症に悩む方向けの成分です。下着による摩擦や洗いすぎによるの炎症の対策として、グリチルニチン酸2Kが配合されているものがオススメです^^

 

⇒肌へのやさしさ
デリケートゾーンは他の肌と比べると柔らかく刺激に弱い部分でもあります。その為、配合されている添加物なども気にしながら黒ずみ対策クリームを選んでください。思わぬ添加物で炎症を起こし、さらに黒ずみがひどくなった…という事がないよう、無添加タイプのものをチョイスする事がおススメです!

 

デリケートゾーン以外にも使えるかどうか

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームは、デリケートゾーン以外にも使えるかどうか?についてもチェックしておきましょう^^

 

黒ずみはデリケートゾーンだけではなく、ワキや乳首、膝小僧などにも現れてきます。デリケートゾーンだけではなく、その他の部分もしっかり黒ずみケアが出来る商品かどうかを見極めるのがポイント!

 

デリケートゾーンだけではなく、広い部分でケア出来る商品は質の高い商品だと言えるのです。

 

返金保証の有無

初めて使うものに対しては、お肌にどんな作用があるのか…不安なものですよね。特にデリケートゾーンに関しては皮膚が弱く薄いため、クリームを使って万が一のことがあったら…って思ってしまいますよね。

 

黒ずみ対策クリームを選ぶ一つの基準としては、やはり【返金保障があるかないか?】になるかと思います。返金保障がついているという事は、商品にも自信があるから、という事に繋がるためです。

 

また、返金保障があるという事で、万が一肌に合わない場合の事を考えても、安心して使う事が出来ますよね^^黒ずみ対策クリームを探す時は、【返金保証付き】のものを選ぶようにしましょう!

 

価格や送料など

実際に黒P済み対策クリームとして良いものでも、価格や送料などが高いと継続する事が出来ないですよね。かといって安すぎる商品を使うのはなんだか不安…という方も多いかと思います。

 

価格面に関しても、初回購入時に大幅割引を行ってくれる商品などもありますので、価格面に関して不安な方はそういった割引キャンペーンなどを利用する事で安く黒ずみケアを始める事が出来ますよ^^

 

また、定期コースなどを利用する事でも商品が割引になるだけではなく、送料なども無料になる特典もありますので、「継続したい!」という方は定期コースでの購入が出来る商品を選ぶ事で安く黒ずみケアを行う事も出来ちゃうんですよ♪

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームランキング

デリケートゾーンの黒ずみを本気でなんとかしたい!という女性のために、今回は人気の黒ずみ対策クリームから、本当に意味のある商品を選りすぐってご紹介しています。

 

ランキング形式でご紹介していますので、黒ずみ対策クリームの購入の際はぜひ参考にして下さいね^^♪

 

イビサクリーム

イビサクリームの特徴

イビサクリームはネットでも評判が高いデリケートゾーン専用のクリームです。

潤い成分をたっぷりお肌に与える事でお肌のターンオーバーを促し、沈着した黒ずみを自然な形で排出するサポートを行います!

*メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸や、下着などの摩擦によって起きる肌荒れを防止・沈静化し、お肌を整えるグリチルリチン酸2Kなどの成分を配合しているので、デリケートゾーンの黒ずみにアタックしてくれます。
*シミ・そばかすを防ぐ

手頃な価格と使いやすさが評判のクリームです!

価格 4970円
評価 評価5
備考 28日間の返金保障付/定期コースで30%OFF!
イビサクリームの総評

イビサクリームは【医療部外品】なので、美白ケアに最適のクリームです!

4種類の植物成分も配合され、自然な形で黒ずみをケアしてくれる商品なので、安心して使う事が出来ますよ。

デリケートゾーン以外の部分にも安心して使える刺激フリー処方なので、お肌が弱い方でも安心して使う事が出来ます^^口コミでも人気の高い商品です!

ホスピピュア

ホスピピュアの特徴

ホスピピュアは湘南美容外科が監修して作られたデリケートゾーン専用のケアクリームです。

医療関係者が使用して最も良かったと感じたシミ・くすみケア部門で第一位を取得した実力派クリームでもあります。

デリケートな部分にも使えるように無添加処方で作られたクリームなので、体のドコの部分に使っても安心して使う事が出来ますよ。

口コミでも人気なので、初めてのデリケートゾーンケアにおススメのクリームです。

価格 5500円
評価 評価5
備考 90日間の返金保障付/初回以降も39%割引適応中!
ホスピピュアの総評

湘南美容外科が監修した黒ずみケア専用クリームなので、実力は高いと口コミでも人気のクリームです!

ベアつかずサラっとした使用感が人気で、気軽に使う事が出来るケアクリームです。パッケージも女性らしいパッケージなので、家族やパートナーに黒ずみケア商品という事がバレにくい配慮も◎!

漂白剤などは一切配合していないので、色素沈着による黒ずみを自然な形で美白ケアしていく事で自然な色の綺麗なVIOを手に入れる事が出来ると好評のクリームでもあります。

初めてのデリケートゾーンにもおススメの1本です。

ホワイトヴェールディープクリアジェル

ホワイトヴェールディープクリアジェルの特徴

日本製のデリケートゾーン専用のケアクリームです。日本製なので安心ですね

医薬部外品でもあり、無添加処方なので刺激に弱いデリケートゾーンにも安心して使う事が出来ますよ^^

黒ずみケア成分【トラネキサム酸】【グリチルリチン酸ジカリウム】などを配合しているので、期待度はお墨付き!

べたつきもなくサラっとした使い心地なので、初めてデリケートゾーン専用のクリームを使う方にもおススメ出来る商品です。

価格 3780円
評価 評価4
備考 返金保障90日間付/初回半額
ホワイトヴェールディープクリアジェルの総評

デザインが女性らしくかわいいので、ポーチに入れても違和感がないのがGOOD!

無添加処方なのでデリケートな部分にも安心して使えるのが嬉しいですね。

使用感もさらっとしているので使いやすく、初めてデリケートゾーンのケアを行う方でも気軽に使う事が出来ますよ^^

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアムの特徴

独自処方の【スーパーVCT】で黒ずみにダイレクトアタックしてくれる美白ケアクリームです。

独自配合した3種類のビタミンで、頑固な黒ずみをしっかりケアしてくれます。

有名女性誌にも多く掲載されている実力派クリームなので、黒ずみケアを始める方にピッタリです!

価格 5980円
評価 評価3
備考 最大90日間の返金保障付/定期コース購入でずっと4000円!
ホワイトラグジュアリープレミアムの総評

独自処方の【スーパーVCT】が人気の秘訣です!

3種類のビタミンを独自配合しているので、その他のデリケートゾーン用ケア商品とは一味違うと人気が高い商品になります。

初めて使う方はもちろん、今まで美白ケアクリームを使っていまいちだった方にもおススメの商品です^^

VL WHITE

VL WHITEの特徴

カリスマコスメ読者が本気で作ったデリケートゾーン用のケア商品です。

モニターで使った人の約87%の人が4か月以降も使い続けている実力派のデリケート専用クリームです。

定期コースで購入すると7つの特典が付くので、購入する人のほとんどが定期コースで購入してますよ^^

価格 4770円
評価 評価3
備考 120日間返金保障付!/51%OFF実施中!
VL WHITEの総評

実力に自信があるから、業界最大の120日間の返金保障付です!

皮膚が薄いデリケートゾーンを優しくケアするリポソーム化成分などを14種類もぎゅっと濃縮。差が出る!と評判のデリケートゾーン専用ケアクリームなので、何を使ってもダメ!という方は試してみる価値ありです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒ずみケアクリームはデリケートゾーン以外にも使っていいの?

黒ずみケアクリーム

 

デリケートゾーンの黒ずみをケアする為の黒ずみ対策クリームですが、デリケートゾーン以外にも使えるのでしょうか?

 

デリケートゾーン以外で使える場合、どんな場所に使えるのかをコチラで説明していきたいと思います!


 

 

黒ずみケアクリームは他の場所にも使える?使えるのはどんな場所?

ムダ毛処理方法

デリケートゾーンはその他の部分のお肌と違って刺激に敏感な場所です。皮膚も弱いので、あまり刺激の強い成分や添加物が配合されていると、かえって黒ずみの原因になってしまいます。

 

その為、黒ずみケアクリームは無添加タイプで肌にも優しい美白成分が配合されている事が多く、デリケートゾーン以外の美白や保湿にも最適なんですよ^^

 

デリケートゾーン以外には…
■乳首
■ビキニライン
■膝やくるぶしの黒ずみ
■顔のシミ
などにも使う事が出来ます。

 

販売されている黒ずみケアクリームによっては全身に使えるタイプと表記されているクリームもあるので、全身に使えるタイプのクリームがある場合はぜひ全身に使って美白ケアしていきましょう^^!

デリケートゾーンの正しいムダ毛の処理方法について

ムダ毛処理方法

 

最近ではデリケートゾーンのムダ毛処理を行う方も増えてきましたが、正しい方法で処理をしていかないと黒ずみの大きな原因にもなってしまいます。

 

コチラでは黒ずみを助長させない正しいムダ毛処理の方法についてをお伝えしています!


 

黒ずみを助長させない!正しいムダ毛処理の方法はコチラ!

ムダ毛処理方法

カミソリや毛抜きなどでの事故処理はNG!

デリケートゾーンのムダ毛処理を行う場合、カミソリや毛抜きでの処理はお肌に大きな負担をかけてしまいます。

 

カミソリでの処理は角質を削り取ってしまいますので、お肌を乾燥状態にさせてしまい、ターンオーバーを低下させてしまいます。また、カミソリの刺激がお肌に伝わってしまってメラニンが生成されてしまい、そこから黒ずみになってしまいます。

 

毛抜きの処理は毛穴に大きな負担をかけてしまい、毛穴の炎症にも繋がってしまう可能性も高くなってしまいます。毛穴が炎症した後は色素が沈着してしまう可能性も高いので、自己処理でムダ毛を処理する場合はカミソリや毛抜きではなく、ムダ毛を短くカット出来るヒートカッターや肌への負担が少ない電気シェーバーなどを使用すると良いでしょう。

 

自己処理後は必ず保湿を徹底する事!

デリケートゾーンのムダ毛を処理した後は、必ず保湿を徹底しましょう!

 

自己処理後はお肌は乾燥している状態です。乾燥している状態ですと刺激に弱くなってしまうので、下着などのちょっとした摩擦でもメラニンが活性化してしまう恐れもあります。

 

なので、自己処理を行った後は必ず保湿ケアを徹底して下さい。

 

美白を目指したい方は、美白成分も配合されているタイプのクリームを使用すると黒ずみケアにもなりますよ^^

デリケートゾーンの黒ずみ改善に良いとされている物の豆知識

サプリや食べ物で黒ずみ度合は変化する?

デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみはサプリや食べ物で変化するのか、気になりますよね。実際に食べたものでお肌の調子は変わってくるので、サプリや食べ物の影響は多少なりともあると言えます。

 

本気でデリケートゾーンの黒ずみを改善したい場合、普段のケアに加えて食生活などを見直す事も改善に繋がっていきます。

 

⇒ビタミンCを含んだ食べ物【メラニン色素の生成を抑制】
・赤ピーマン・黄ピーマン・ゆず・レモン・パセリ・ブロッコリー・ゴーヤ・キャベツ・キウイ・いちご・アセロラなど

 

サプリメントは美白効果のあるタイプのものだと、肌のターンオーバー改善と共に美白効果も得る事が出来るのでおススメですよ^^

 

ジャムウソープで黒ずみは解消できるのか?

デリケートゾーンの黒ずみを改善するのに効果的なジャウムソープ。本当に黒ずみが綺麗になると口コミでも評判ですが、実際に黒ずみがジャウムソープで落とせる訳ではありません。

 

ジャウムソープはインドネシアで昔から伝わってきた美容法で、低刺激で使えるという部分でデリケートゾーン専用のケア商品として人気を集めてきましたが、肌には優しいけれど黒ずみを強力に落とす効果はあまり期待する事は出来ません。

 

出来てしまった黒ずみをジャウムソープだけで落とす事は難しいですが、これから出来てしまう黒ずみに対してのケアは出来るので、出来てしまった黒ずみのケアに関してはジャウムソープの他に保湿ケアなどを徹底してきましょう!

 

医薬品である「ハイドロキノン」の欠点について

ハイドロキノンは医薬品で、美白に対して高い効果があると言われています。

 

ただ、ハイドロキノンは美白効果が高い分、お肌への負担も高い欠点があります。顔のお肌に使う分には良いのですが、デリケートゾーンに使用する分には刺激となってしまう場合もあります。

 

デリケートゾーンは顔の皮膚と違って刺激にとても弱いので、ハイドロキノンを使用する時は刺激に注意して使うようにしましょう。

 

通常の美白美容液をデリケートゾーンに使うのは要注意

デリケートゾーンの美白に通所の美白美容液を使用する際、注意しなければいけない事があります。

 

通常の美白美容液に含まれている成分や添加物によって、デリケートゾーンへの刺激になってしまう事があります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は刺激によって起きてしまうので、強すぎる成分や添加物で刺激を受けると逆に黒ずみの原因になってしまう事もあるので注意して下さいね。

 

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科や美容外科でキレイになるの?

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科や美容皮膚科などで綺麗にする事が出来ますが、治療はレーザー治療が一般的です。

 

レーザー治療で黒ずみを消す事は出来ますが、一度で全部取り切れる訳ではありません。何度も治療に通う必要があり、肌にもお財布にも大きな負担をかけてしまう場合もあります。

 

金銭的にもレーザー治療は負担が大きいので、自宅でできる黒ずみケアの方が安全でおススメですよ。

 

皮膚科の治療内容について紹介

皮膚科での黒ずみ治療は一般的にはレーザーを当ててメラニン色素を壊していきます。

 

一度で全部のメラニン色素を取り切る事は出来ないので、満足がいくまで何度も通う必要があります。また、レーザーでメラニン色素を焼くというイメージなので、お肌への負担は高いと言えるでしょう。

 

美容外科の施術内容について紹介

美容外科では皮膚科と同じくレーザーで黒ずみをケアしていきますが、同時にサプリなどで体内からも美白ケアを行う場合が多いです。

 

体の外側と内側からケアしていきますが、コチラも金銭的にも体にも大きな負担をかけてしまうので、あまりおススメはできません。